HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
決算書の見方
キャッシュフローの見方
決算における貸借対照表と損益計算書の関係
損益と貸借の関係
貸借対照表の簡単な見方
重要な正味運転資金
損益計算書の構造
それそれの利益の意味
損益計算書の簡単な見方
決算書のポイント
決算書の活かし方を知ろう
銀行からの「格付」
連帯保証を廃止に。
決算書は3つの目がある
銀行は会社を見ています。
会社の「力」を知る
決算書がわかる6要素診断
6要素診断 [収益性]
6要素診断 [生産性]
6要素診断 [資金性]
6要素診断 [安定性]
6要素診断 [健全性]
お申込みの前に

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 決算書の見方 > 損益計算書の簡単な見方
損益計算書の簡単な見方
今回から、経営者にとって「決算書」の見方のポイントを更に分り易く、解説していきます。

 是非、この機会に「決算書」が経営者にとって身近なものにしていただきたいと思います。


●損益計算書の5つの利益

 損益計算書のカンタンな見方を説明していきます。
  

その結果残った利益が「当期利益」で、これに前期繰越利益を加えたものが「当期未処分利益」ということになります。

当期利益+前期繰越利益=当期未処分利益

 要するに、売上高から費用を順番に差し引いていって、売上総利益、営業利益、経常利益、税引前当期利益、当期未処分利益などの利益を順に出していくのが損益計算書です。


 このように損益計算書は、会社が何に、どれくらいの費用を使って、どれくらいの利益を生み出したか、あるいは損をしたかをあらわす、成績表のようなものです。


 逆にいえば、会社はその年度でどれくらいの「収益(売上)」をあげることができたか、その売上をあげるのにどれだけの「費用」がかかったか、その結果「利益(儲け)」はどうだったかを一覧できるのが損益計算書なのです。

会社の税金経理・資金調達』のポイントへ

トップページへ


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved