HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
税金・経理Q&A
会社の税金・経理ポイント
夫婦・パートの税金
還付申告のポイント
生命保険付ローンで不動産
会員専用コンテンツ 
新会社法の変更のポイント
交際費課税の改正Q&A
役員給与の損金不算入
決算診断サービス
少額減価償却資産
非課税とされる給与
確定申告サポート
年末調整のポイント
両親を扶養にいれるには?
年末調整のやり直し
諸会費等の税務ポイント
確定拠出年金と税
同業者団体の負担金
変更契約書の印紙税
人材投資促進税制
役員と会社の建物賃借
交際費課税のポイント
附帯税を避けよう
退職金のココが知りたい
改正会社法のポイント
給与の税務ポイント
社員雇用のQ&A
源泉徴収のQ&A

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 税金・経理Q&A > 源泉徴収のQ&A
源泉徴収のQ&A

 
源泉微収については、契約形態が多様化・国際化したものや給与以外については難しく感じる人が多いようです。そこで迷いやすいポイントをQ&Aで整理してみます。

question  当社は建設業を営む法人ですが、毎月、労務の対価の支払いをする際に、源泉徴収をする者と個人事業者ということで源泉微収をしない者がいて、処理の基準があいまいになっています。実務上どのように判断すべきでしょうか。

answer  給与所得とは、雇用契約に基づき、.雇用主の指揮命令に従って提供した労働の対価をいいます。これに対し事業所得とは、自己の計算と危険において独立して営まれ、営利性、有償性を有し、かつ、反復継続するものとされています。

 具体的には、一般に次の図表に項目を総合勘案して判断し、給与所得に該当したら源泉徴収が必要になります。


question  当社の役員であるAが8月に死亡し、役員退職給与規定によりAの妻にAの死亡退職金を支払うことになりました。この支払いに際して源泉徴収は必要でしょうか?

answer  退職金の支払いに際しては、原則として退職所得に係る源泉徴収が必要となりますが、死亡時に支払う退職金については源泉徴収の必要性はありません。
 
 その理由として、死亡退職金は相続税法の規定により取得したものとみなされる為、所得税はかからないからです。その代わり、被相続人に支払うべきであった退職金で死亡後3年以内に相続人等に支払われるものは相続税が課税されることになっています。

question 退職金の源泉徴収はどのように行えばよいですか?

answer  まず、退職金に該当するかどうかを判定し、退職金であれば他の所得と分離して所得税の源泉徴収をします。退職所得は、その年の退職金の収入金額から、その所得控除額を2分の1について課税されます。

 

 退職金を受け取る人は、支払いを受けるときまでに「退職所得の受給に関する申告書」を提出すれば、支払者が所得税を計算して退職金から差し引いて納付します。
 もし、この申告書が提出されない場合は、退職金の収入金額から一律に20%の所得税が源泉徴収され、この源泉所得税は、確定申告で精算することになります。

 なお、退職所得は受給に関する申告書には、退職者の勤務期間の記入欄があり、このこの勤続年数により、退職所得控除額が異なります。
 2ヶ所以上から退職金をもらうとき、これまでに退職金をもらったことがあるときなどは、勤続年数の計算が難しいので注意が必要です。

question 当社は業務の縮小に伴い、社員を解雇することになり、解雇予告手当を支払いました。この取扱いはどうなりますか?
answer 労働基準法の規定により、使用者が労働者に対し30日前に予告しないで解雇する場合には、30日以上の平均賃金を支払わなければならないものとされており、この規定に基づいて支払われた予告手当は、退職を基因として支払われたものなので退職手当等とされます。

question  当社は製造業ですが、外国人労働者を雇う場合の源泉徴収について教えてください。
answer  国籍でなく、次の「居住者」か「非居住者」かにより、課税方法が異なります。
(1)居住者
 居住者とは、国内に住所を有するか又は国内に引き続き1年以上居所を有する個人をいい、この場合には、給与について日本人と同様に源泉徴収され、年末調整も行われます。

(2)非居住者
非居住者とは、居住者以外の個人をいい。1年未満の予定で滞在している外国人や、日本人でも、国外に引き続き1年以上居住している人が該当します。
 この場合には、給与の20%を源泉徴収されて課税関係が終了し、年末調整で過不足の精算をすることができません。

question  給与所得の税額表のうち、月給方式で支払う月額表の見方は理解できるのですが、日割りで支払う給与や日毎に支払う給与に用いる「日額表」の見方がわかりませんので、教えてください!
answer 源泉徴収税額表(日額)の中の甲欄・乙欄・丙欄は次のように区分されています。

 

会社の税金・経理のポイント・Q&Aトップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved