HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
開業ノウハウ
独立開業・会社設立
起業時の借入れのポイント
開業ノウハウトップページ
『売上予測2』
『売上予測1』
『減価償却費』
「資金調達と返済計画」
「事業計画書」
「日本政策公庫以外の活用」
〜資金調達編その一〜
「競合店調査」
「逃がすな優良物件!・・・」
「立地の可能性が・・・の時」
会社と個人どっちを選択?
個人と会社の税金比較
独立開業に役立つ助成金
起業準備で必要なもの?
株式会社設立マニュアル

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 開業ノウハウ > 独立開業・会社設立
独立開業・会社設立

起業の準備編 これだけは知っておこう

起業をしようと決めてから実際に開業するまでには、事業を検討したり、資金の計画など準備することがたくさんあります。ここでは、開業前に準備することをご紹介します。


これから起業・開業をする場合、

○会社設立をして起業・開業

○個人事業主として起業・開業

という2パターンがあると思います。昨今では、会社設立条件の規制がほとんどなくなり、会社が作りやすくなりました。しかし、作りやすくなったからといって安易に会社を作ることは得策ではありません。ここでは割愛いたしますが、会社というものはメリットも大きい分、デメリットが見えなくなっています。

会社で起業しても、個人事業主として起業しても事業内容に変わりがあるわけではありませんので、どちらで起業したほうが良いのか、ご本人のお考え一つです。しかし、これだけは忘れないでください。

○事業資金の用意

○お金の流れ・最低限の財務の知識


事業を開始して間もない時は忙しく、こんなことは考えている余裕すらないのですが、時間が経過するとともに、必要性がご理解いただけると思います。なぜなら、これからは社長として、事業主として、営業からお金関係、経理にいたるまで全てをやることになります。従業員を雇うとしても代表者が「わからないまま」では先行きが危うくなります。これらのどれか一つでも欠けることになりますと・・・事業は傾いていきます。

まず、事業資金についてですが、言うまでも無く、事業を行うためには店舗設置費や仕入れ、敷金など様々な費用がかかります。ですので、この事業資金の用意周到にせねばなりません。

当事務所ではここ数年、
独立開業に役立つ助成金活用として、国の助成金を活用して150万円〜500万円迄の助成金取得サポートを行っています。これらの助成金は、借入れとは違い、返還する必要はありませんので、事業資金とし利用して頂いてかまなわいお金です。
ぜひ、助成金を活用して事業資金にゆとりができればと思います。


「お金の流れ」と「最低限の財務知識」ですが、これも重要です。
お金の流れはご理解頂けると思います。財務の知識は、
本当に「最低限」で構わないのです。これらは、事業開始後、事業を終えるまでの長い間、事業ととも必須の知識ですので、必ず覚えていきましょう。なにも最初から覚える必要はありません。当事務所と一緒に覚えていきましょう!

起業する時の借入れのポイント〜国民生活金融公庫〜

会社と個人事業どっちが得?
これから起業するときに多くの方が悩む点がこれです。「個人事業」ははじめやすい半面、取引先との信用の兼ね合い(外見からの見られ方)がデメリットである場合があるようです。個人」と「会社」どちらが良いのでしょう?
会社と個人事業どっちが得?
個人と会社の税金比較
人事業と法人組織ではどのように税金の取扱いが異なってくるか検討し、個人事業者が会社をつくること(法人成りと言います)のメリット・デメリットについて考えてみることにします。
個人事業と会社組織では税負担はどうなるか?
個人と会社の税金比較
独立起業には助成金を徹底活用しよう
これから起業する場合には、おそらく一番「助成金」を活用しやすい状態です。「助成金」とは、国が創業支援を目的とする助成金制度です。返還義務のない資金を国から受給(もらう)制度です。

せっかくの助成金が用意されているのですから利用した方がよろしいのではないでしょうか?ただし、簡単に利用できると言えばそうではない一面があります。ちょっとしたコツがあるのです。
創業には助成金を活用しよう
独立開業に役立つ助成金活用法
すぐに使える飲食店の開業・開店ノウハウ
「すぐに使える飲食店の開業・開店のノウハウ!」

調査の実態と直前対策
事業を営んでいる以上、いつかは「税務調査」を受けることにはなります。ここでは「税務調査」の実態と事前対策を解説します。

税務調査のポイント
有限会社が設立できなくなります
2006年より「会社法」が改正されました。改正後は、有限会社の設立ができなくなりました。

起業の「不安」「悩み」 お気軽にご相談ください。

無料サービス お気軽にどうぞ!
1 個人事業者が有限会社や株式会社になる時の損得計算を無料で行います。
2 起業して独立を考えている方に無料相談を実施しています。
形態は、個人事業がいいのか、法人がいいのか、ご相談に応じます。
3 起業する際に助成金を活用できるかどうかの診断を行います。
上手な活用の仕方をアドバイス致します。
無料サービスは、弊社にお越し頂ける方に限り実施しております。
無料サービスのお申込みはこちらです。

「会社法」改正のポイント

会社の税金経理・資金調達』のポイント、Q&A トップページへ戻る

事務所トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved