HOME E-MAIL SITE MAP
震災にあわれた方 決算書の見方 銀行融資 起業助成金 サービス紹介 開業ノウハウ
会員ログイン
税務調査
税務調査Q&A
調査の時期はいつ頃か?
税務調査の種類は様々
税務調査が来るときは・・
税務署がやって来たら・・
税務調査の対処法
税務証拠資料を整備しよう
税務調査のトラブルを防ぐ

CONTACT
電話 : 022-265-3686
FAX : 022-265-3687
home > 税務調査 > 税務調査の対処法
税務調査の対処法

税務署への対応はどうすればいい?

●社長と経理担当者の態度

調査官の質問について、細かい数字は経理担当者が受け持ち、会社の業績や取引先との関係などは社長が答えるようにします。その手際の良さが調査官に好感を与え、あらぬ疑いをかけられないひとつのテクニックです。

調査官はその道のプロです。素人のふりをして、社長の話から売上状況を把握するケースがあります。


実際は安い値段で手に入れて高く販売しているのに、「なかなか手に入らない代物で、仕入に苦労しています」などと調子に乗って話してしまうと、調査官はあらかじめ仕入れ値を調べているので販売価格との差額を計算し、「かなり儲けている。仕入の水増しに要注意だ」との調査のポイントを把握します。調査官にウソは通用しません。

●調査は机の引き出しまでチェックする


任意調査でも、必ず金庫や経理担当者の机の引出しの中までチェックされると思っていた方が良いでしょう。
金庫や引出しには不要なメモ類が入っていたりするものです。不要なメモはすぐに廃棄するよう、従業員に徹底しておいてください。

調査の前に社員にも取引関係資料や契約書などの不備がないかを確認します。そして、自分の仕事以外のことを聞かれた場合、想像で話をしたり、自分の意見を述べたりしないことを注意しておくべきでしょう。

税務証拠資料を整備しよう!へ

トップページへ戻る


Copyright (c) 2000−2008 zaicom. All Rights Reserved